イラストレーターです。LINEスタンプ販売中。

ミキです。

Duplicatorメニュー

wordpress

プラグインDuplicatorを使ってwordpressの引っ越しをしてみた【ミニバード→エックスサーバー】

投稿日:

スポンサードリンク

ミニバードからエックスサーバーへWordpressを引越しすることにしました。

wordpressのプラグイン「Duplicator」を使えば簡単に引っ越しが出来ます。

 

「Duplicator」は英語でエラーなど分からない事も多いですが、google翻訳https://translate.google.co.jp/にコピペすれば問題なく使えます。

ミニバードでプラグイン「Duplicator」 を使って移転準備

まずはミニバードにある移転元のWordpressに「Duplicator」をインストールします。

プラグインで検索⇒インストール

Duplicatorメニュー
横のメニューにDuplicatorが表示されます。

Duplicator⇒Packages⇒Create Newと選択し、Wordpress内のデータをすべてパーケージします。

Duplicatorパーッケージ作業
パッケージの作業は

  1. Setup
  2. Scan
  3. Build

以上、3ステップです。

Nameは自由につけてOKです。
Nextで次のステップへ。

Duplicator-name
Scan中。
数秒で終了しました。

Duplicatorスキャン
Scan Complete

問題なければBuildをクリック。

※私はこの方法で、いくつかのサイトを移転しましたが、一度だけエラーが発生しました。

「Large Files」に赤く「Warm」警告が表示されました。

プラグインの中にサイズが大きいものがありパッケージできなかったようです。
そのファイルだけ個別に移転しようかと思いましたが、いざこの方法で移転すると移転先にちゃんと問題のファイルがありました。
問題のないエラーもあるので、とりあえず作業をすすめもOKです。
移転前のデータを削除しなければ、後からやり直せます

Duplicatorスキャン完了

少し待ちます。

Duplicatorパーケージ完了
Package Completed

Installer⇒インストーラー
Archive⇒wordpressのデータが入ったパッケージ

以上の二つが出来たのでクリックしてダウンロードします。

Duplicatorダウンロード
これでミニバードでの作業は完了です。

移転しなくても、ここまでを定期的に行えばバックアップとしても使えます。

ドメインのネームサーバーの変更

「Duplicator」で作成したパッケージのインストールには移転先でサイトへのアクセスが必要になるので、ドメインのネームサーバーを変更します。

ネームサーバの変更が反映されるまでは、2、3日かかる事もあるらしいです。(今回は夜中にネームサーバーの変更→なかなか反映されない→翌朝に反映でした)

 

移転前にネームサーバの切り替えをするのはちょっと…、と言う場合は「作動確認URLhttps://www.xserver.ne.jp/manual/man_domain_checkproxy.php」を使う方法があります。

ファイル名を変更したり、かえって複雑で面倒でミスの元だと思ったので、この方法は途中で止めました。

 

ネームサーバーの変更は、契約しているドメイン会社に行き下の5つに書き換えるだけでOKです。
ns1.xserver.jp
ns2.xserver.jp
ns3.xserver.jp
ns4.xserver.jp
ns5.xserver.jp

エックスドメインでエックスサーバーを使用する場合は、「ネームサーバーの変更」⇒「利用サービス」でエックスサーバーを選べばいいだけなので簡単です。

エックスサーバーでデータベースを作成

  1. ドメインの追加⇒移転するWordpressのドメインを追加。
  2. MyQSL設定データベース、ユーザー追加⇒後でわかるような名前を付けて作成します。
  3. 自動インストール⇒先に作っておいたデータベースにWordpressをインストールします。

データベース名
MySQLユーザID
パスワード
MySQL5ホスト名

この4つはインストールに必要になるので忘れないでください。
パスワード以外は、MySQL設定の画面で確認できます。

エックスサーバーにDuplicatorでインストール

エックスサーバーのFTPを設定し、移転先のWordpressディレクトリーにDuplicatorで作成したInstllerとArchiveをアップロードします。

アップロード先は「目的のドメイン名(mikidesu.net)」→「public_html」→ここにアップロード

Duplicatorアップロード

ブラウザでinstalle r.phpを開きます。

http://ドメイン名/installer.php

↑を入力します。
ネームサーバが切り替わっていないと移転前のサイトのままなので、インストーラーが起動しません。
ネームサーバが切り替わるまで待ちます。

インストールは

  1. Deploy
  2. Update
  3. Test

以上、3ステップです。

Actionは「Connect and Remove All Date」をチェック

Host⇒MyQSL設定の下の方で確認できるホスト名
Name⇒作成したデータベース名
User⇒作成したユーザー名
Password⇒設定したパスワード

Duplicator入力

Test Connectionをクリック
OKなら「Success」と表示されます。
チェックボックスにチェックを入れRun Deploymentをクリックするとインストール開始。
チェックボックスは「警告を読みました」と言う事です。

Duplicatorインストール

INSTALL ERROR!
wp-config.phpがもうすでにあるからインストールできないので、FTPを使って削除します。
wp-config.php の場所はInstallerとArchiveをアップロードしたところ

Duplicatorエラー

INSTALL ERROR! (二度目)
ArchiveのZIPファイルが破損しているらしく開けません。
再アップロードで無事解決。

Duplicatorエラー2

Try Againで前の画面に戻り、もう一度。

数秒待ちます。

Duplicator完了
FINAL STEPS!

Save Permalinks⇒パーマリンクの設定を確認。クリックするとWordpressにログイン画面になります。
Test Site⇒クリックすると移転したサイトに飛びます。
Security Cleanup⇒クリックでWordpressにログイン。Duplicatorでインストールに使用したファイルなどが削除できます。削除しておきましょう。
Show Report⇒エラーがないか確認。

Duplicator最終確認

これでサイトの移転が完了しました。

■まとめ
Duplicatorを使えばWordpressの移転は簡単です。
バックアップとしても使えるので、使い方を覚えておくと便利です。

スポンサードリンク

1

これからWordpressでブログを始めようと言う人に、「ワードプレスならエックスサーバー!」と強くおすすめされているのをよく見ます。 そんなエックスサーバーですが、実際にはどうなのでしょう? &nb ...

-wordpress

Copyright© ミキです。 , 2019 All Rights Reserved.