イラストレーターです。LINEスタンプ販売中。

ミキです。

見た事のないマークを発見→安全でないコンテンツがブロックされました。安全でないいスクリプトを読み込む→保護された通信が、保護されていません。になってしまう!

wordpress

WING(Affinger5)でSSL化(https)後のアップデートで不具合

更新日:

スポンサードリンク

wordpressテーマWING(Affinger5)を使用しています。

サイトをSSL化(https)して何事もなく使用できていましたが、気が付くと不具合が発生していました。

見た事のないマークを発見→安全でないコンテンツがブロックされました。安全でないいスクリプトを読み込む→保護された通信が、保護されていません。になってしまう!

アドレスに見たこともないマークを発見。

クリックすると「安全でないコンテンツがブロックされました

このページは承認されていないソースからスクリプトを詠み込もうとしています」

と表示されます。

「完了」をクリックすると変化無しですが、

「安全でないスクリプトを読み込む」をクリックしてしまうと…。

「保護された通信」が「保護されていません」と言う表示になってしまいます。

 

せっかくSSL化したのにこれはマズイ…とソースを確認すると、「http://josefin/?ver=4.9.7'」とhttps://になっていないスタイルシートがありました。

しかしどこを直せばいいのか…と途方に暮れていましたが、「josefin」で検索→「Josefin Sans」が Google Fontsだと分かりました。

 

Affingerのメニューで設定があったことを思い出し、「AFFINGE5管理」→「デザイン」下に行き「A フォントの種類」に注目。

Aフォントの種類にアドレスがあり、そこが「Http://」になっているので「Http”s”://」に直す

Googleフォントの下にリンクがあり、『<link html="』の後が「Http://」になっているので「Https://」と「s」をつけます。

 

これで無「保護された通信」に戻りました。

 

もしくは「http://~」の表示を消してしまっても「保護された通信」に戻ります。

 

他のサイトも同じように、SSL化&アップデート措定ますが、『<link html="』の後には何も書き込みがなく不具合もありません。

 

アップデート前に「AFFINGE5管理」でフォントのデザインを変えていたのが原因かもしれません。(フォントのデザインを変えていたのかどうか覚えていませんが)

 

スポンサードリンク

1

これからWordpressでブログを始めようと言う人に、「ワードプレスならエックスサーバー!」と強くおすすめされているのをよく見ます。 そんなエックスサーバーですが、実際にはどうなのでしょう? &nb ...

-wordpress

Copyright© ミキです。 , 2019 All Rights Reserved.